DTMテクニック

Studio One お役立ちプラグインの紹介 ~Rotor~

カフェモカです!

今回ですが、Studio One付属プラグインのお話をしたいと思います。

今回紹介するのはRotorというプラグインです。

Rotorってどんなプラグインなの?

こんなプラグインですw

Rotor

画像見てもなんだかわかりませんよね(;´∀`)

これはシンセサイザーや、オーディオサウンドに「シュルシュル」といった回転音?を付与するプラグインです。

言葉でで説明するよりも、実際に動画を見てもらった方が早いので、次の動画を見てください。

(音出るので、音量注意)

真ん中の青い部分がくるくると回っていましたが、回転の速度を速くしたり遅くしたりすることで、音のシュルシュル感wが変わってきます。

今回はシンセサイザーに適用しましたが、オーディオサウンドにも使えます。

実際に使っている曲の例

例と言いつつも、自分の曲を紹介します(恐縮ですが)

はい!自分の曲「YOMOTSUHIRASAKA /ヨモツヒラサカ」です。

一応曲の途中から再生するようにしてあります。

曲が途切れて、「ヒャッヒャッヒャ~」という声の後ろでシュルシュル言っている音がそうです。

これはホワイトノイズにRotorを使って、音が切れる前まで高速で回転させておき、音が切れたタイミングで回転を止めています。

すると回転はすぐには止まらずに惰性で回るので、シュルシュルが徐々にゆっくりになって聞こえます。

このRotorというプラグイン、ちょっとした効果音を作るのには結構使えるやつだと思います。用途は広いと思うので、是非使い倒してみてください。

今回はStudio One付属プラグイン「Rotor」を簡単に紹介してみました。

細かい使い方は省略しましたがw 適当に弄ってみればすぐわかると思います。

自分も適当に弄って覚えました。

プラグインは、まずは感覚的に使ってみるのが良いかと思います。

今回はこの辺で。

それでは!

DTM作曲のコツ~徹底的にループサウンドを使う前のページ

作詞って簡単にできるの?次のページ

関連記事

  1. DTM環境

    DTMer

    DTMを始めて3年経った、現在の装備はこんな感じ

    カフェモカです!記事の更新は相変わらず、亀よりもカタツムリよ…

  2. DTMテクニック

    ボカロの調声、ここは押さえた方が良いと思うポイントを語る

    カフェモカです!ツイッターので行ったアンケートの結果、3番目は…

  3. DTMテクニック

    作曲は、メロディをリズムが支え、コード進行が彩る

    カフェモカです!DTM初めてもうすぐ3年、曲を作り始…

  4. DTMer

    いつかはボカロPと呼ばれてみたい人に贈る、ボカロPになるために必要なもの

    カフェモカです!今回は、「ボカロPになりたいんだけ…

  5. DTMテクニック

    音を作る時の基本(主にMIX)をざっくりと語ってみる

    カフェモカです!ツイッターので行ったアンケートの結果、音作りが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. GUMI

    【GUMI】未来時計AM4:30
  2. VOCALOID(ボカロ)

    【東北ずん子】羽のない背中に
  3. ryo (supercell)

    【初音ミク】罪の名前
  4. VOCALOID(ボカロ)

    【初音ミク】 Halo
  5. VOCALOID(ボカロ)

    【初音ミク】むかしむかしのきょうのぼく(モーション:初音ミク)
PAGE TOP