DTMテクニック

VOCALOIDの調声でディレイをインサートで使ってみた

カフェモカです!

今回はちょっとだけ小耳にはさんだボカロ調声の実験レポートです。

どんなことを小耳にはさんだのかというと・・・

DELAYプラグインを、インサートで使うと良いらしい

というものです。まあ、小耳にはさんだといっても、ネットで見たんですがw

残念ながら、ネタ元はどこだかもうわかりません(;^_^A

さっそくやってみた

ということで、実際にやってみた動画がこちら。

使ったプラグインは、Studio One付属のBeat Delayです。

このプラグインは、音を広げる設定(ステレオ)が簡単にできるので、S1ユーザーはぜひ使い倒してほしいプラグインです。

今回の設定は:

Cross delay :L12%くらい

Beats:1/16

FeedBack:12.5%

Width:Stereo

LowCut:61Hz

HighCut:20日Hz

Mix:10.5%

こんな感じです。

メロディーはとりあえず手持ちの歌、八王子Pの「Take it easy」を歌ってもらいました。

ボカロは聴いての通りミクさんですが、トラックが3つで、メインとコーラス2本の構成になってます。

ピアプロスタジオから、バスチャンネルを経由してメインに通ってます。プラグインはバスチャンネルにインサートしました。

結果は聴いての通りです。ポイントはうっすらとかけることですね。

Mixレベルを上げすぎると、ディレイの音だけになっておかしなことになるので。

ちなみに、DelayはFXチャンネルにインサートして、センドで掛けるのが普通だと思います。インサートで掛けると、元の声の一部がディレイに置き換わるので、違いがはっきりしやすいかもしれません。

センドで掛ける方がディレイ音が後ろに回って目立たなくなります。

確かに効果は感じましたが、インサートでディレイを使うかは、状況次第かなと。別にセンドで掛けても効果にそれほど大きな差は無いんじゃないかなというのが自分の印象です。

今回はディレイしか使ってませんが、他のプラグインとの合わせ技で面白い生効果は得られる可能性があるので、また時間のある時に追求してみたいと思います。

今回はここまで。

それでは!

作詞って簡単にできるの?前のページ

DTMやってると避けて通れない~音圧の話~次のページ

関連記事

  1. DTMテクニック

    wavesのFMシンセ「FLOW MOTION」買ってみた

    カフェモカです!wavesが去年の秋、ブラックフライデーの期…

  2. DTMテクニック

    初音ミクを買ったらすぐ、八王子Pの「take it easy」を歌わせたい!(6)

    カフェモカです!「初音ミクを買ったらすぐ、八王子Pの「take i…

  3. DTMテクニック

    ボーカロイドの調声を実際にやってみる(2)

    カフェモカです!先日、中途半端に終わらせてしまった投稿記事の…

  4. DTMテクニック

    DTMで初心者が作曲するなら、洋楽っぽい曲を作るのがお勧め

    カフェモカです!新年あけましておめでとうございます!今年も、…

  5. DTMテクニック

    Studio One お役立ちプラグインの紹介 ~Rotor~

    カフェモカです!今回ですが、Studio One付属プラグイ…

  6. DTMテクニック

    DTM作曲のポイントを紹介~サブベース使ってますか?

    カフェモカです!今回は作曲方法について、自分なりのコ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. GUMI

    【GUMI】ネコにゃ~
  2. Junky

    【鏡音リン】メランコリック
  3. 40㍍P (40mP)

    【初音ミク】 ハイスペックニート
  4. ATOLS

    【初音ミク】バベル
  5. DTMテクニック

    DTMで初心者が作曲するなら、洋楽っぽい曲を作るのがお勧め
PAGE TOP